« 千羽鶴、飛ぶか?飛べぬか? | トップページ | 朝青龍問題、その後 »

2010年2月 3日 (水)

相撲とはなんだろう?

人騒がせ横綱「朝青龍」が「またやった!」。
今度は暴行事件だそうだが、よくもまぁ…。

これを受けて、もうひとりの横綱「白鵬」はこんなコメントを出している。
「自分は兄弟子に「力士の手は刀なんだ」と教わった」
…力士の手は刀、とは、けだし名言だ。
ボクサーのパンチは凶器扱いだし、格闘技の「達人」(相撲の横綱なんてまさしく達人だ)の繰り出す「一挙手一投足」は「武器」と言っても差し支えない。
酒の上でのこと…という言葉は「責任転嫁」に過ぎない。
問われているのは「相撲の横綱としての、自己分析と自己管理の欠如」についてだ。

「手は刀」という話を聞いて、私は「鯉口を切る」ということばを想起した。
刀の鍔を指で押し出して、抜刀する直前の準備をすることだが、これは「さあ、抜くぞ」という「意思表明」の表れと言っても良いだろう。
意思表示を行うことだけでも、十分「本気」というものを見せることは出来る。
覚悟と言うものがあるぞ、と相手に思わせることは出来るのだ。
それを無視していきなり抜刀する、などということは、通常は考えられない。

「横綱と素人」というのは、実は「場所が土俵外」であるならば、大きな問題ではないのではないか?。
実際、あの「力道山」も、スナックで刺された傷が原因で落命している。
こと「公衆の場」では、無手の横綱と、38口径の拳銃を持ったお兄さんが「出会う」可能性だってあるのだ。
そして、何らかのトラブルが発生したときに、どうなる?。
お兄さんが「何発か」至近距離で発砲したなら、横綱だろうが、100キロ超の体躯だろうが、そんなものは「無関係」だ。
即座に絶命する可能性だってある。

行動を起こす前の「準備段階」をせず、いきなり手を振ることは、つまりが「油断」だろう。
相手が素人だから四股も踏まず「うるさいな」とばかりに手を振った…のかどうかは知らないが、ただ「全力で行く必要を感じなかった」ことは確かだろうと思う。
…鯉口も切らずに、いきなり抜刀することは、十分な精度を持って刀を振るったわけではない、ということになる。
どこに当たるかわからない刀を「達人」が相手に振るって良いのだろうか?。


相撲は「心体の鍛錬」のために、武士社会で推奨されてきたと言う歴史も持つ。
「ちょんまげ」も、その名残であるらしい。
その「現代のもののふ」であるところの力士が、平民(素人)を相手に、酔っ払って「いい加減な」技を繰り出したという事であるのならば、私は「その事自体が」恥ずかしいことだと思う。
「自らの技に溺れ」そして、自らの武器に溺れる。
ゆえに「あり得るかも知れない出来事」に対しての「備え」がいい加減になるのだ。
それはもう「武士」とは言えないし、格闘家でも無い。

私は「外国人だから」という理由だけでは、差別はしたくない。
大麻問題、暴力、偽証、ドタキャン…これからはみな「文化圏の違う場所だから」起きた、と言いきることなど出来ない。
文化圏の違いが、これらの問題を誘発させたのではない。
「違う文化に頭を垂れることをしない」狭しい心が、誘惑を呼んだのである。

その国に住み、その国を愛し、生活するということは、自己に流れる「血」が何色であるかを問題にして生活していては出来ることではないのだ。
だから「相撲取り」になる、と言うことは、面々と続いてきた「日本の歴史」の中に自分を漬けてしまい、自分の「血の色」が変わっても良い、というくらいの「心の強さ」が必要になる。
外国人力士は「一時就労者」では無いのだから。


朝青龍は確かに強い。
「勝負」としては、確かに強い人物と言える。
しかし「それだけ」だ。

相撲で伝える「物事」は、単純に「強い・弱い」と言うことではない。
純粋に「力を尽くす」ということを「立合い」という形を持って、見るものに伝えると言うのが、相撲の取り組みだ。
それゆえに「所作」がある。
いわば「相撲の取り組み」ひとつひとつが「ドラマ」みたいなものだ。
そして「それら」が育まれてきた土壌…日本文化の「衰退」が、相撲と言う「様式美の世界」を形骸化し、やがては破壊して行くのだろう。
その「兆し」というものが、今回の事件の中にはあると思うのだが。

« 千羽鶴、飛ぶか?飛べぬか? | トップページ | 朝青龍問題、その後 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相撲とはなんだろう?:

« 千羽鶴、飛ぶか?飛べぬか? | トップページ | 朝青龍問題、その後 »

Yahoo!基金

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

るみくすのリンク

無料ブログはココログ