« 小諸へ小旅行(イクスカーション) | トップページ | 「小諸応援団」入会しました! »

2011年11月 7日 (月)

再び「サイクルモード」に行ってきました

まず「サイクルモード」というのを知らない人はコチラ

幕張メッセで行われた「サイクルモード2011」。
去年に引き続いて二度目です。

先年は「良い自転車とはどういうものなのか?」ということを確認するために、わざわざ幕張まで足を運びました。
市場価格2万円ほどの自転車と、同クラスでも倍以上の値段のする自転車を乗り比べてみた結果は「確かに差はある」という結論となりました。
フィーリングが違うんですね。
軽やかでいて、そして速い。
車両重量の違いだけではない、メカニカルロスの少なさというものの「恩恵」が「ここまでとは!?」と驚愕したわけです。
それで満足して、私は「ドッペルギャンガー FX05」を求めたわけです(笑)。

「なんのこっちゃ?」
…と思う人が多いでしょうけど、私的には「これでいーんです」。

「…確かに良い自転車は素晴らしい満足感を与えてくれる…しかし、高い金を払ってまで手に入れたい「モノ」は、そこには無い」

…ってことですね。
私がほしかったのは「機械としての性能」じゃないんです。
「乗っていて、楽しいかどうか」が大事だった。
だから「そんなに性能差って重要?」という自問に対し「そうでもないんじゃないの?」という答えが出たということです。
何事も経験ですよね?。


さて、今年のメインテーマは
「ドッペルの大径車の「フルサスモデル」って、ちゃんと走んの?」です。

世間で良く言われるのが「下手に作ったサスモデルは、パワーロスが大きくて走らない」というもの。
まあ、確かにそうなのでしょう…私は乗用車やバイクに乗ってましたから、理屈は良くわかります。
サスペンションというのは「衝撃を吸収する機構」であると同時に「駆動力を吸収するもの」でもあります。
バネがただ、力の入力で縮むだけでは、路面にタイヤを通じて駆動力が伝わるのを邪魔してるだけです。
ですので「ある程度になると踏ん張ってくれる部品」と対にすることで、衝撃を吸収しながら、駆動力も殺さないという仕組みが成り立ちます。
だからサスペンションは「バネ」(もしくは合成ゴムなど)と「アブソーバ」という二つの部品から大方は出来ています。
この二つの部品がちゃんと性能を発揮できなければ、サスペンションはただの「お荷物」です。
…しかも「コレ」が前後についている…それも駆動力の貧弱な「自転車」というものに、ですから、その影響は無視できるはずも無いです。

失礼承知ですけど「ドッペルギャンガー」の自転車は「安価」です。
同じような仕様で、やれジャイアントだの、KHSだの、ブロンプトンだので作って売り出したなら、その値段は何倍にもなってしまうでしょう。
「薄利多売」ということも無視できませんし、企業努力が無い、という気もさらさらありませんが、頭をよぎるのは
「安物=使い物にならない」という構図だったりします。

しかし、そんな思いがあればこそ確かめなければいけないのです!。
「おい!どうなんだ?ドッペルよ?」
…自分自身で経験しなければ「真実」はわからない。
それで私は再び、新たな体験を求め、幕張の「ドッペル・ブース」を訪ねたのです。


私が試乗したのは「d3」。
ドッペルシリーズの中では「フラッグシップモデル」として位置されているものです。
…ツインチューブを採用した独自のフレームにリアサスが装着され、後輪からの衝撃を和らげます。
フロントにもテレスコピックタイプのサスが装備され、車体が黒ということもあり、なんだか重そうです。
実際、カタログ値でも「17㎏」近い車重です。

太いタイヤに、フルサスのバイク。
係の方から受け取ると、しかし…「あれ?なんか軽いぞ」。
…会場は大混雑ですから、人にぶつからないように「試乗レーン」までは押していくのですが、何度か後輪を持ち上げ「方向転換」をしましたが、そのときに感じたのは「あまり重くないぞ?」ということです。

これは私が思うには「重量マス」の設計が上手なのでしょう。
サスペンションがつく、というのは、ただ単にショックユニットが付いただけの重量増加ではありません。
タイヤを支えるフレームも可動しなければいけないので、当然「軸」が必要です。
「ビボット」と言いますが、これも重量増加につながります。

重量増加につながりやすい部品を「集中して」配置することで「重量マス」を集中化出来るのです。
部品がバラけて配置されていると、力をあちこちにかける必要が出てくるので、瞬間的に力を入れなければいけない場合は不利なのです。
おそらくはそういった関係もあって、軽く感じたのでしょう。
それとあとは「バネの反力」が使えた、というのも大きいです。

コースに出て試走を始めます。
ギアの切り替わり具合は「まあまあ」です。
カッチリ整備されているならば、もう少し歯切れ良く行くのでしょうけど、このような状況では無理でしょうね。
この辺は「及第点」ということで。

タイヤがぶっとい割には、ペダリングは軽いですね。
ギア比として、あまり重くない方向に振っている感じはしましたが、重めのギアからのスタートでも、あまり苦も無く走れました。
回転系のチューンが、かなり進んでいる証拠と見ました。

タイヤが太いので、コーナリングは苦手です。
コツが要ります。
コースにはちいさなヘアピンカーブもありましたが、アウトにふくらみ気味です。
サスの関係も大きいと思います。
ダートコースはありませんが、マウンテンバイク用の障害路がありましたので、わざと走ってみました。
正直なところでは「ストローク」が足りないな、とは感じましたが、妙にグニャグニャの方が恐ろしいので、こんなものでしょう。

まあ「なんちゃってMTB」という感じなので、雰囲気を味わいつつも、街や郊外を走るという使い道が良いと思いますね。
あと「ブレーキタッチ」は、ディスク独自の感じでコントローラブルです。
ガチッ、と効く感じではありませんが、Vブレーキみたいに急激に効いてしまって、つんのめりそうになることはないようです。


欲しいか?と問われたならば「…うーん」でしょうか?。
出来が良いとか悪いとかでの悩みじゃなく、逆に「良く出来てるからこそ」まとまりがあって、それゆえに私の好みから外れてしまってる、という感じですか?。
逆に「そういうのが欲しかった」という方には、選択肢として良いのではないか、と。

ドッペルギャンガーにはどこか「尖ったところ」が欲しいな、と思うのです。
FXシリーズや、806スクァーロ、102プリミティーボⅡのような「遊び心」が形になったようなモデルが、私は好きです。

FXは20インチ折りたたみ車として、独自のスタイリングを確立しています。
一方で「折りたたみ自転車」としては「捨てている」部分が相当に大きいモデルです。
折りたたみ時のサイズは大きくなってしまうので、輪行に使いたくても畳んだ姿を見て「うーん!」と首をひねってしまう。
しかし、それでも車にFXを積んで、小さな街に赴いて走るのは楽しい。
それは「踏み込める大きさ」というものを持っているからで、それゆえに少々の上り坂でもたじろがないで済む。
身体能力に合わせて、走っていける…旅、という、精神をフリーに保ちたい時空間では、それを阻害する要因は出来る限り入れたくない。
走っていけるということ、それに車などに入れて目的地まで運べるということ…二つの要素を満足させるのにギリギリなのは、この「大きさ」なのです。

« 小諸へ小旅行(イクスカーション) | トップページ | 「小諸応援団」入会しました! »

ドッペルギャンガーFX購入記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び「サイクルモード」に行ってきました:

« 小諸へ小旅行(イクスカーション) | トップページ | 「小諸応援団」入会しました! »

Yahoo!基金

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

るみくすのリンク

無料ブログはココログ