« 私はなぜに「すくらっぷ」を愛したか(後編) | トップページ | 秋に心と書いて、愁いと読むのです »

2017年10月 1日 (日)

愛車を想いつ

えー…本当ならば今日、小諸に行く予定でした(汗)。
まったくもって予想外に、持病の癪…じゃない「腰痛」が現れまして、車での長距離移動が辛くなってしまったのです。
情けなや…。

今の車の前の前は、N自動車のCという車に乗ってたんです。
中古で過走行ではあったのですが、とても調子が良い車でした。
純正のスポーツサスがついているバージョンで、頭上空間が広い割には、硬めのサスペンションだったので、峠道でもストレスなく走れました。
安かったけど、良い車だった…しかし、とある事情で「完全に廃車」即ち「スクラップ」にしなければならないという事態になり、泣く泣く手放したのでした。

歴は四輪車のほうが長くなりましたが、私はもともとは「ライダー」であり、四輪車の免許は持ってはおりましたが、二輪車にこだわったモーターライフを送ってきたのです。
今でもライダーに復帰したい想いは強くあります。
しかし最初の四輪車である「スバル REX」(なんと550CC!)で、味を占めてしまってからは、完全に「ドライバー」に変わってしまいました。

エアコンも無い、パワステもないという原始的な車でしたけど、これで何百キロも走り回っていました。
最後は事故でおしゃかにしてしまいましたが…今思っても「よく走ったなぁ」と感心したりします。
やはり、軽自動車は軽さが命ですよね。
550CCの、なんと「2気筒」のエンジンです。
ボンネットを開けると中がガラガラで、隙間だらけでした。
若気の至りというか、冷や汗ものの運転もしてました。
…ちなみに、この車を買ったお店とは、今でも付き合いがあります。
ずっと同じ店で買ってきました。

このREXとも、よく小諸へ行きましたっけ。
迷い込んだ先の道に、本当に見事な桜並木があって、とても感動をしたのを覚えています。
それが「旧布引鉄道」の線路跡だとわかったのは、それから暫く後のことです。

事故でREXを廃車した後は、日産の普通車に乗り換えました。
パワステは無かったけど、ATでエアコン付き。
当時の私にとっては、かなりのカルチャーショックです。
排気量がアップした分、ドライブの距離も伸びました。

このころが一番、車に乗るのが楽しかったような気がします。
今は仕事でもあるし、遠くに出かける気力がだいぶ失せてきましたので、今の愛車(RVの軽自動車です)だとどうも尻込みをしてしまいます。
今日もそういった意味では、それが原因で出かけなかったということになるでしょうか。

今まで中古ばかり乗り継いできました。
一部で、叔父が買った車に乗っていたことがありますので、すべてというわけではありません。
しかし、自分で新車を買ったことは一度もなく、中古を乗り継いできたので、それなりのウンチクを語れるくらいにはなったつもりです。
…自分で買っていないメーカーは…三菱とマツダだけです。
代車などで短期間乗ったものを含めれば、全メーカーを乗りました(いすず含む)。
軽自動車からミニバン、スーパーチャージャー付のサルーンまで、車種も多様です。

私の半生は、あまりパッとしたものは無かったですけど…車に関しては少しは他人様にも面白がっていただけるかと思います。
カメラもそうですが、車はどうしても必要なものということもあり、ほぼ欠かしたことがありません。
事故で失ったもの、車検時に手放したもの、故障が多くて手放したものなど様々ですが、その都度新たなパートナーを求めたので、その数は「十数種類」になると思います。

昔のように「思い立ったら走り出す」ようなことは、もう叶いません。
秋の夜長に、高原の景色を思い浮かべながらの一杯というのが関の山です。
まだまだ遠くに行きたいし、行くつもりなのですが…さて、どこまで行けるものだか?。

« 私はなぜに「すくらっぷ」を愛したか(後編) | トップページ | 秋に心と書いて、愁いと読むのです »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

本日、小諸に行ってまいりました。
「小諸ふるさと市民」の月末優待で、懐古園に入れるのがありがたいです。
水の手展望台で、物思いにふけることしばし・・・
アモンさんで食事をして、小山田先生の作品に触れるとともに、先生のファンの幅広さに改めて感じ入りました。
僕もバイクと車は、いろいろと乗っています。
趣味で安全の研究もしているということもあり、とにかく運転は安全第一です。

>萌旅調査官さん

「ふるさと市民パス」未だ使ってないんですよ~。
それもあっての昨日だったんですけどね。
身体は資本ということを感じてしまう今日この頃。

バイクと言えば…たがみ先生が作中に使ったりしていた愛車
「スズキGN50」ですが、私も同じやつを乗っていたんですよ。
小諸は坂道ばかりなんで、あまり自転車に皆さん乗らないんだそうですね。
近年になって、自転車のヒルクライムレースが開催されたりして、ロードレーサーもたまに見るようになりましたけど、昔は皆無でした。

僕もこの歳になると、だんだん身体の無理が効かなくなりますね。
るみくす様もご自愛ください。
初めて東京から小諸に行ったときは「スズキRG50E」でした。
その後は不人気で安かった「スズキNZ250」で、あちこちに行きましたね・・・
若かったころは、もがいていることも多かったですが、今となるとどれも懐かしい思い出です・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛車を想いつ:

« 私はなぜに「すくらっぷ」を愛したか(後編) | トップページ | 秋に心と書いて、愁いと読むのです »

Yahoo!基金

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

るみくすのリンク

無料ブログはココログ