« 老眼と、ファインダー | トップページ | 早くも桜満開です! »

2018年3月23日 (金)

ありがとう、さようなら!

あれから2年が経とうとしています。

…自分の中では目立った心の動きというものは無いのですが…何かにつけ、時折考えることはあります。
特に自分がリアルタイムで先生に関わっていた…作品に触れていた頃のことを想います。

なぜ「すくらっぷ」に夢中だったのか?という「自問」については、もうあらかた解決済みになっています。
「すくらっぷ」は、当時の私にとっては「クッション」みたいなもので、通常であるならば時間と比例するようになされていく「心の成長」というものが、中二の時期にいきなり活性化したのち、受験と高校入学を経ていく中で、逆に急激に萎んでしまう、という「乱高下の歴史」というものがまずはあって、その後の「就職」そして「大病」と「退社」という大きな変動に襲われました。
「激動の十代中半~二十代中半」といったところでしょうか?。
他にもさまざまに大きな出来事があり、その度に愕然し、乱流に巻き込まれる私でした。

そんな中「すくらっぷ」が果たした役割は大きなものがあったのです。
「過去に戻ること」「現実から離れること」は、実は精神的なダメージを強く受けた人にとっては「薬」のように大事なものです。
今でも多くの「学校不登校児」(私はこの言葉が嫌いですが)がいます。
彼らにとり一番良くないことの一つが「学校に行け!」という「励まし・叱咤」です。
頑張ればとか、努力とかという「激励」も、学校から彼らを遠ざける結果につながります。
だからこそ「ただウツウツと考え、外部の接触を断ち、昼夜関係ない生活を送る」ことは、彼らにとっての「生活の揺りかご」であり、大事なことなのです。

激動の時間を過ごす羽目になった私にも「揺りかご」は必要でした。
「すくらっぷ」は、そして「小諸」は、私にとって「揺りかごそのもの」だったのです。
作中の「すくらっぷ」の世界観だけではない、実際に「行ける場所」が存在するということが、私にとってはどれだけ安楽となりえたでしょうか?。

「すくらっぷ」そして「小諸」と出会えたこと、そしてそのきっかけをくれたのが「小山田いく先生」だった。
それはとても自省的なことではあったけど…後になり先生が故郷に帰ってきた理由に「病気」があったこと、それゆえに不安定な気持ちの中で、おそらくは思い出されたであろう「昔のこと」が、作品のエッセンスとなっていたことを知り
「出会いというものの不思議さ」「つながっていくことの不思議さ」を実感させられたのです。

正直に告白してしまえば「すくらっぷ」の世界に埋もれてしまっている自分を恥じたことは何度もありました。
情けなく思ったこともありました。
しかし、それも今になってしまえば「あの時にそれは必要だった」という結論で締めくくることができます。

そしてまた、今になって「小諸」を来訪してみるならば、この場所は「私にとって住みやすそうな場所かもしれない」ということに気付かされます。
現実的に移住が可能かどうかは未知数ですが「それもいいかな?」とは思います。
浅間山から流れるように降りてくる風とか、真夏の日中はやはり暑いけど、夕暮れ時にスッ、と涼しくなるとか。
激しく降る雨とか、カチカチに凍るような朝とか…人がたくさん住む場所ながら、自然がダイナミックなところが、私の感性にピタリとくるのです。

「すくらっぷ」の世界観が、私にとって必須では無くなっても、私は変わらず「この場所」に還ってきます。
まだまだ知らないところも多いし、無論嫌な部分もあるとは思うのですが、それはそれ、どこでも一緒です。
…先生がくれたのは、単に作品だけではありませんでした。
私に「居場所」を用意してくれたのです。
今は本当に時折訪れるのが精一杯ですが、そのうちにはいつかは移住も含め、長期滞在が可能になればいいなぁ、と夢想しています。

私にとり、やはり「すくらっぷ」は大きな存在でした。
先生とはもう少し、ちゃんと話をすればよかったかな?というのが、心残りの一つではありますけど。

2年がたち、ようやくなんだか、ありがとうと「さよなら」が言えそうな気がします。
先生、ありがとう!そして、さようなら!!。

« 老眼と、ファインダー | トップページ | 早くも桜満開です! »

すくらっぷ・ブック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう、さようなら!:

« 老眼と、ファインダー | トップページ | 早くも桜満開です! »

Yahoo!基金

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

るみくすのリンク

無料ブログはココログ