« αに還る | トップページ | 「オリンパス SP-800UZ」購入 »

2019年1月27日 (日)

ミノルタ時代のレンズを試してみた

再びSONYの「α」関連の話。

SONYのαシリーズには、大半の「ミノルタαシリーズ」のレンズが装着できる。
一部機能制限はあるが、その機能制限が「少ない」のが、αの美点の一つかもしれない。

…というわけで「AF35~105 New」というレンズを「ジャンクで」買ってきた。
ジャンクとはいえ、状態はなかなかよろしく、コーティングなどの劣化も無さそうだった。
まあ、二千円もしないレンズなので、ダメならばダメでも宜しい。
気楽なものだ。

それを今日、使ってみた。
結果をまとめるとこうなる

1、解像度
大幅な破綻無し。
デジタル専用レンズと異なり、割合と絞って使ったほうがいい。
二絞り程度からが良くなる感じ。

2、歪曲
イメージサークルの中心部だけを使っているので、歪曲は少なく、像流れも少ない。
それでもやはり、二絞りは絞りたい。

3、周辺光量
上記と同じく、中心部ゆえに少なめ。

4、逆光耐性
弱い。
著しく、ということはないが、ゴーストより「フレア」が出やすい。
全体のコントラストが落ちてしまうので、逆光での撮影は気を付けたい。

5、色乗り
やや浅い。
コントラストが低いということとの相関性があると思える。
順光ではそれほどの差は出ないが、逆光では顕著。

6、ボケ味
悪くはない。
主観でしかないが、コマ収差から逃げられるという意味で、周辺でのボケの形は悪くない。

7、AF
時々シャッターボタンでスタートしないときがあった。
理由はわからない。

総合してしまうと
「見た目、コントラストが高い状態での光線、もしくは被写体で、なおかつ順光状態に近いような状況であれば、キチンと写る」
「マクロがそれほど効くわけではないが、メモ的に撮影していく場合には、小型のレンズの利点が生きる」
「内臓フラッシュと比較的相性が良く、マクロ域でケラレが出にくい。ただしADI測光は不可」
…といったところ。
サブボディにつけたままで持ち歩くという使い道がいいのかもしれない。


しかしやはり、というか、今回の結論としては
「デジタル対応レンズに比するものではない」
というのが、偽らざるところだった。

一方で、旧型の(初期の)αレンズも対応しているから、それらを装着して楽しむというのもいいと思う。
AFも正確であり、また「現役時代」よりも素早くなっているというのは美点だろう。
特に単焦点レンズは、面白そうだ。
マクロもとてもお値ごろな価格になっているし、ぜひ入手したいと思っている。


« αに還る | トップページ | 「オリンパス SP-800UZ」購入 »

フォト日記「あるふぉと」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ミノルタ時代のレンズを試してみた:

« αに還る | トップページ | 「オリンパス SP-800UZ」購入 »

Yahoo!基金

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

るみくすのリンク

無料ブログはココログ