« 今度は「デジムービー」です! | トップページ | 万葉集と、すくらっぷ »

2019年3月18日 (月)

ムービー使ってみました。

デジタルムービーを買って初めて「本気使い」してみた。
しっかりと三脚に据えて「河津桜」の咲く公園を撮影して回った。

今回買ったムービーは、広角が結構効くのがお気に入り。
やはり発色は少し「地味め」ではあったが、誇張され過ぎない色は自然だと言って良いだろう。
この辺りが「デジカメ動画」とは大きく異なる点。

異なる、といえば「ボケの汚さ」というものにはビックリさせられた。
これほど汚いボケ具合は、おおよそどんなコンデジでもあり得ない。
これは詰まるところ「センサーサイズの小ささ」と、超高倍率でのレンズ設計によるものだろう。
特に木の枝のボケ具合がひどく、これではとても安心してボカせないと思った。
背景を単純化することは必須と思う。


自分は「鳥」は撮るけど、ムービーにしたいのは風景がメインだ。
花や紅葉を撮る機会が多い。
これからは桜も撮りに行くはず。

今まで撮影に使ってきたのは、ムービーだと「三板式CCD」仕様のものと、それにデジカメでの動画。
ともに小さな不満はあったが、使い分けもしてきたし、それほどの不満は無かった。
しかし「これ」だと、流石に少し風景だと荷が重いなぁ、と感じる。
100点満点だと65点くらいかな?。

うーん、なかなかままならぬ、というか。
デジカメは精細だが、発色があまり好みじゃない場合がある。
それに、あまり凝ったことができないのも気になる。
ムービーは色は好みなのだけど、ボケ味はじめ、画質にやや難ありだ。
超高倍率のコンデジが一番理想に近いが、今度はズームなどで満足いかなかったりする。
困ったものだ。

色彩に関しては、現在使用している映像用ソフトで彩度くらいは上げることができる。
メリハリなどはどうにかなるのだが。
デジタルの世界も、なかなかに凝り始めてしまえば奥が深い。


« 今度は「デジムービー」です! | トップページ | 万葉集と、すくらっぷ »

フォト日記「あるふぉと」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ムービー使ってみました。:

« 今度は「デジムービー」です! | トップページ | 万葉集と、すくらっぷ »

Yahoo!基金

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

るみくすのリンク

無料ブログはココログ